乗ってみたい夢の車

私が乗ってみたいと思う車は、BMW E60 M5です。現行の1つ前のモデルのM5となります。
5.0リッターV型10気筒エンジンを搭載し、507馬力を発揮する車です。
現行よりも好きな点は、シャープでエッジの効いたデザインと、高回転エンジンから出る音F1カーのような排気音です。F1ベースのエンジンのためそのような高音を発するそうです。
現在中古車では300万円台から手に入りますが、なんせ維持費の掛かる車のため私のような庶民にはとても手が出ません。
BMWのMモデルは通常の車種よりもパーツ代がかなり高く、メンテナンスも頻繁にしないと能力を発揮することができず、故障につながる場合もあります。オイルも高額の物を使用し数千キロで1L補充ずつ補充する必要もあります。
現行モデルでは大分改善されましたが、燃費についてもこのE60モデルでは街乗り5キロ以下で、少しスポーティな走りをすると3キロを切るようです。
排気量も5.0リッターと大排気量のため、毎年の自動車税もかなり割高となってしまいます。
しかしそんな莫大なお金をつぎ込んででも乗る価値がある車です。
Mモード(高出力モード)スイッチを押してアクセルを踏み込めば、4000回転を過ぎたあたりから急に後ろから蹴っ飛ばされたような加速をし、時速200キロ越えなどあっという間です。もちろん日本の公道では時速100キロが上限のため、この性能をフルに発揮することはありえませんが。
その他サスペンションの調整なども電動で行うことができます。
これだけのスペックを持った車ですが、2ドアクーペなどと違い4ドアセダンのため非常に実用性があるところにも魅力を感じます。
自分の財力ではとても買える車ではないため、これからも’夢の車’として追い続けたいと思います。

ハスラーをリースで乗ってみた体験談