天ぷら油の火災を確実に消火するためのアイテム

天ぷら油の火災ってすごい強いよね。
天ぷら油というのはある程度の温度になると勝手に発火するという特性があってそんなもんのはずなのにどうやって使うんだろうなって思っていたんだけどなあのねまともに使ってる国はそんなことを行い怒らないらしい。
そらそうだよね普通にテンパイせいで突然炎が燃え上がってたら日本の家は何件あっても足りなくなるわけなんだけど普通の天ぷらを揚げる温度の170℃よりもはるかに高い350℃ぐらいになってしまうと自然に発火するというそういう特性があるらしい。
天ぷら油の火災を消火するためのグッズ
ただ天ぷら油の消火で一番強いのはなんとなく水をかけてしまうというそういう選択・
どうしても火が燃えていると水をかけなくなるのが人情というものだけど天ぷら油のかそれはそれは絶対にやってはいけないことらしい。
ものすごい勢いで日が広まってもう手がつけられなくなってしまうので水をかけてのが最悪ないって。
じゃあどうすればいいのかなっていうところでそういうところのために専用のグッズがたくさん市販されているのでそれを使うのがいいらしい。