手軽な1日だけの整形

アイプチは、一重や奥二重で幅の狭い女子にとって、あこがれの人に近づける、手ごろに購入できて簡単に使えるアイテムです。
慣れれば5分で自分のおもう幅にひろげられる手軽さがあり、多くの女性に支持されるものだと思います。
長い間使うことで、その思いの二重幅になれるとのうわさも良く聞くので私も使用してみたことがあります。
実際使用してみて、私はやはりのりが違和感があり、人がつかっていても、「あ、この人アイプチしてる」ってわかるため、いやになりました。
素の自分磨きをしたほうが、よっぽどかわいくなれる気がしたんです。
汗をかけば、一部とれて変な目になりがちですし、二重にするならこれをした目の上にぬるアイシャドウは乗りが悪い印象でした。
また、長い間アイプチをすることにより、瞼への負担があり、しわや着色の原因になりそうだなと感じました。
そうならないためにも、私はアイプチという手軽な手段ではなく、マッサージやパックで目のお肉量の調節をして二重幅を広げたいと感じました。
私は奥二重なのでそう思ったのですが、もし一重で二重にあこがれたら、使用しつづけて、整形しずに思いのお顔を・・・と思っていたかもしれません。
また技術があれば隠しきれるのかもしれません。
どちらにしても、こうした女性の願いをかなえるアイテムがこの世の中にあることは素敵だなと感じます。
成分のしっかりしたものが増えるといいなと感じます。