水道水の供給について

日本の水道水は世界的に見ても安全だと言われています。
全国各地に整備された浄水場があり各家庭に供給されていますね。
地域によっては水資源が乏しく雨不足による断水が行われる所もあったり。大きな川がある場所だと安定していますね。
湖、川、地下水などを浄水して利用していますが、殺菌に塩素が使われています。
残留塩素があるといわゆる「カルキ臭」がきつくなり、中には飲みにくくなってしまいます。
そういう場合には浄水器を使うのがおすすめです。
「水道水をそのまま飲むには抵抗がある!」という人も浄水器を利用すれば浄化した水道水を飲むことが可能です。
水を購入している場合、ウォーターサーバーもおすすめです。
現在は天然水のウォーターサーバーを契約する人も多いですよね。
だた、たくさん使うとなると追加でボトルを買わなければなりません。
そこでおすすめなのが浄水型ウォーターサーバーです。
天然水のウォーターサーバーと比較しても料金は安くなりますし、水道水を浄化して使うので使い放題です。
どれだけ使えるかは浄水フィルターのろ過能力で変わります。
ウォーターサーバーを提供している運営元で違いますが、ほとんどが月々のサーバーレンタル料だけで交換用フィルターは定期的に無料で配送されます。
フィルターは追加購入が可能なので、「もっとたくさん使いたい!」場合は別途フィルターを購入すれば使えるようになります。
夏場は飲み水の消費が多くなりますが、水をディスカウントストアで買っているなら浄水型のウォーターサーバーを利用すれば費用は確実に安くなりますよ。
レンタル料は様々ですが、3,000円台で契約できるプランもあります。
500mℓの水を自販機で買うと100円くらいしますが、毎日買った場合15ℓで3,000円です。
浄水型ウォーターサーバーなら金額はさほど変わらず、月に300ℓくらい使えるのでコストパフォーマンス抜群ですよ。
お住いの水道水が飲みにくいと感じているなら浄水型ウォーターサーバーはおすすめですよ。